高次元時空通信

アセンションフォース

【織田信長公との歓談】今何をされていますか?

B053【織田信長公との歓談】19年5月頃談

 

 

 

※写真は当時謁見した宣教師が書いた。デスマスクは信長公側近でヨーロッパから人身売買で来ていた弥助(黒人)が作ったと思われます。(ヨーロッパしかデスマスクの習慣がなかった)。信長公の首は三河にある寺の松の木の根元に植えられたとか・・木の幹から信長公の顔らしき形が出てきたとかで、2回も削ったとお寺の方が言われていました。

 

 

 

 

巫 女>今、何をされてますか?

 

信長公>何をしとるかと言えば戦さじゃ

    まだ、油断ができぬのでのう

    まだまだいつやってくるかわからん

    世の中にはワシの敵は

    本能寺の者だけではない

    背後にもいつ裏切り者がいるかわからん

    だから うかつに寝てはおれん

    ワシはのう こうやっていつも 

    お主らの心を見てる 

    心を語らぬ者ほど嘘をつくでのう

    だから 人をみる 

    ワシの意見は以上 

    何も変わってはおらん

 

巫 女>少しはよくなったかなぁと

    思ったんですけどね

    秀吉も上がってきていますから

    殿はそちらで 幸せですか?

 

信長公>どちらでもない 幸せと言うものは

    いつ感じるものだろ?

    わからぬ 私はその幸せと言うものが

    わからぬ 何をもって幸せと言うのか?

    おなごか?石高か? いや何もいらぬ。

    何も信じれぬ もはや信じれるのは

    オノレだけである。

    それなくして戦えぬ 誰も信じぬ

    誰も、何も。ワシはワシの道を行く

    それだけじゃあ!

 

巫 女>聞く耳を持たない

    頑固なオヤジと言う感じですね

 

信長公>なんじゃとう!!

 

阿 山>地獄にいる感じですか?

 

巫 女>人を信じきれなくなったんでしょうね

    ある意味人間を信じないから 

    自分を信じる 人を信じるのは一つの真理

    自分は正しいという世界にいる 

    進化が早いか?といえば

    世の中の時勢 流れからは止まったまま

 

阿 山>まだ本能寺で亡くなった

    ままの状態ですか?

 

巫 女>そうですね。

    織田信長をやり続けるのは

    立派なんですけど

    タフですね。

    孤独じゃないかとね

 

阿 山>やはり本能寺で亡くなった?

  

巫 女>だと思いますね。

 

信長公>戦いじゃあ 何がどうなってるか

    よくわからん 私はここにおる

    死んではおらぬ

 

阿 山>歴史的には信長さんは

    本能寺で明智やられたと

    いう話なんですが・・・

 

信長公>明智など相手にはせん 奴は裏切り者だ

    当たり前のことを 当たり前にできん男だ

    何をぬかす!

    奴にやられたわけではない

 

阿 山>筒井順慶は覚えておられますか?

 

信長公>筆が達者な奴であった

 

阿 山>信長公から娘をもらっていますよね?

 

信長公>お主何者ぞ 私の娘をやったと

    ありし日のことよのう

    女子ができたか?男ができたか?

    ワシの耳には入ってこんぞ

    ワシは何もわからん

 

巫 女>混乱してるのかな意識が

    止まっちゃってるのか

    情報が耳に入って

    来ない感じですね。

    生きていた時は意識があったと

    思いますが止まっちゃている

 

阿 山>無間地獄みたいな感じですか?

 

巫 女>本人はすごいタフな魂の方で

    いやだとか辛いとか言わない

    男として絶対、弱音をはかない人

    武将たる者 こうい姿勢でないと

    人が従ってこなかったと

    そこはすごい立派でしたね

    ただ反省は無いのかもしれない

 

阿 山>今の日本人に

    メッセージお願いします

 

信長公>何事ぞ、戯言だ! 今の日本人だと

    どいつもこいつも オノレを持たぬ

    せいじゃ(生者?)たる者

    オノレを極めよ!

    本当の自分になるために

    おのが道を極めねばならぬ

    

    たとえ戦であろうと オノが刀で切ろうとも 

    亡くなるのは本望じゃ 極めたのならばそれでよし

    オノが道を生きたという

    誠にほかならぬ 大和ごころ

 

 

ありがとうございます。